ウーマン

いろいろな種類から選べる雛人形|プレゼント選びに役立つ情報

ランドセルの動き

男の子

日本ではランドセルを背負うことで小学生であることを意味しますが、利用するランドセルも年々デザインや価格が変わりつつあります。昔に比べるとランドセルの耐久性もかなり向上しています。

詳しく見る

迷った時に役立つ

赤ちゃんとプレゼント

出産内祝いに迷ったら

お祝いをもらったら、早めに内祝いを返しましょう。しかし出産祝いの場合は、産後のことも考えて、少し落ち着いた頃でも大丈夫です。しかし、あまりにも遅いのは考えものですので注意してください。出産内祝いは、産後1カ月をめどにお返しするのがよいでしょう。しかし、出産内祝いに何を返したらいいのか迷うところです。まだ生まれたての赤ちゃんを連れて買い物に行くのも大変ですから、ゆっくり選ぶ時間もありません。おまけに、親の関係者などで自分たちが知らない人であれば、なおさら何を返したらいいのか迷うでしょう。そこで、出産内祝いにカタログギフトをおすすめします。カタログギフトなら、その中から自分の好きな品物を自由に選んでもらうことができるからです。

カタログギフトはおすすめです

実際、出産内祝いでもらった品でうれしかったものとして、カタログギフトがあげられます。出産内祝いをもらって、「これはあまり欲しいものではなかったのに。」と相手ががっかりすれば残念です。カタログギフトは、相手の自宅に郵送してもらい、カタログの中から自由に自分の好きな品物を選んでもらいます。食器やバッグ、キッチン用品などさまざまな種類が掲載されていて、どれを選んだらよいか迷うほどたくさんの種類の中から選べるので、選ぶ楽しみもあるのです。しかし、あくまでも出産内祝いとしてお返しするものです。「自分がもしもらったらうれしいもの」という視点でカタログも選びましょう。そうすれば、相手にも十分気持ちが伝わるはずです。

お子さんに合わせて選ぼう

赤ちゃんが生まれた後には百日祭や七五三など様々な行事が行なわれます。また、5月には端午の節句で男の子が主役となり、3月には桃の節句で女の子が主役となる行事もあるのです。そのため、デパートなどでは行事に合わせて鯉のぼりや雛人形などの販売が始まります。現在では様々な種類のものが販売されているため、鯉のぼりや雛人形をプレゼントする際には、お子さんに合ったものを選んであげるとよいでしょう。

日本を象徴する

雛人形

ひな人形と言えば、十二単衣を羽織った豪華な人形というイメージがあります。そのルックスが外国人にも受けて、おみやげとして購入する人が増えていることで有名になっています。

詳しく見る

相手に喜ばれる品物

五月人形

赤ちゃんが生まれてお祝いをもらった後には、お返しとして内祝いを相手に贈ります。しかし、内祝いに対しどうしてよいか迷ってしまう人も沢山いるのです。どのようなものを送ったらよいか分からない場合には、カタログギフトが役に立ちます。

詳しく見る